進撃のAGA―育毛剤で薄毛を駆逐!

薄毛を駆逐するための育毛剤比較ランキング

AGAの基礎知識

筋力トレーニングをするとするとハゲるのは本当か?

筋力トレーニング、中でもバーベルやダンベルを利用したウエイト・トレーニングを行うと、薄毛化が進んだりハゲるのか、検証してみました。

筋トレでハゲるのは本当か?

筋トレ⇒ハゲる説の根拠

筋トレをするとハゲるという説はときおり耳にします。その根拠は筋トレをすると男性ホルモンが増加し、結果的に薄毛が進行するというものです。

確かに男性ホルモンは男性型脱毛症(AGA)の発症・進行に関わっており、薄毛の原因です。

とは言え、AGAに関係する男性ホルモンにはテストステロンとジヒドロテストステロンの二種類があり、薄毛化を引き起こすのは後者のジヒドロテストステロンです。

このためジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンと呼ばれることもあります。

筋トレ、特に負荷の強いウエイト・トレーニングを行うと、体内のテストステロンが増加することは証明されています。一方で、筋トレは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンを直接増加させるわけではありません。

筋トレで薄毛が進行するかは5αリダクターゼの活性次第

ジヒドロテストステロンはテストステロンが変化したものです。5αリダクターゼという酵素が作用することで、テストステロンはジヒドロテストステロンに変換されます。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞と呼ばれる細胞に結合することで髪の毛の成長が阻害され、薄毛化が起きてしまいます。

ジヒドロテストステロン(DHT)自体は体内に普通に存在するホルモンで、必ずしも悪影響を与える物質ではありません。逆に、胎児の睾丸形成など、重要な役割もあります。

しかし、DHTがAGAによる脱毛に大きく関わっていることには科学的なエビデンス(証拠)があり、確実と言えます。

とは言え、具体的にどの程度DHTが増えればAGAが起きるのかなど、詳しいことはわかっていません。また、体内のDHT量が多くても、DHTに対する感受性が低ければAGAにならない人もいます。

通常であれば筋トレでハゲる可能性は低い。ただし、すでにAGAによって薄毛になっている人は要注意

筋トレ、特に強度の強いウエイト・トレーニングを行えば、確かにテストステロンは増加します。ですが、AGAを発症していなければ、特に問題はないはずです。

すでにAGAを発症しており、薄毛化が進行している場合は気を付けた方がいいと思います。理屈で考えれば、体内のテストステロンが増加すれば、5αリダクターゼによって作られるDHTの量は増加するはずですからね。

今のところハゲてはいないが、家系的な理由から将来的にAGAになる可能性が高そうだ、という人の場合、筋トレのリスクについては何とも言えません。

現在調査中なので、何か新しい情報が入り次第またお伝えします。

-AGAの基礎知識