育毛剤イクオスを使っていても頭皮の日焼けには要注意!

大雨が終わったと思ったら、今度は異様に暑い日々が続きますね。

こんな暑い日はいろいろと体調を崩しますが、実は髪の毛にも良くない影響を及ぼします。

その原因は頭皮の日焼け。せっかく育毛剤イクオスを使っていても、頭皮を日焼けしてしまうとせっかくの育毛剤の意味がなくなってしまいます。

頭皮の日焼けは薄毛の原因になってしまうので避けるべし!

なぜ頭皮を日焼けしてしまうとダメなのか?

そもそも、頭皮に限らず、強い直射日光を素肌に浴びるのはよくありません。皮膚が紫外線によってダメージを受けてしまい、日焼けならまだしもシミになったり、ほくろができてしまいます。

最悪の場合には皮膚がんになるのももはや有名な話ですよね。

実は、強い紫外線が皮膚にあたると、その部分が酸化してサビてしまいます。頭皮の場合、髪の毛をつくる細胞が酸化してしまうと正常な細胞分裂が起こらず、しっかりした強い髪の毛が育たなくなってしまいます。

したがって、頭皮に直接紫外線が当たるのは絶対に避けた方が良いです。特に真夏の強い直射日光は避けましょう。

帽子をかぶって紫外線から頭皮を守るべし

素肌であれば日焼け止めを塗ることで対策できますが、頭皮の場合はそうもいきませんよね。

いちばんオススメなのは帽子を被ることです。

帽子を被ると頭皮が蒸れてハゲるという意見もありますが、これはあまり信ぴょう性がありません。むしろ、紫外線を直接頭皮に浴びる方が、明らかに髪の毛には良くありません。

従って、真夏の太陽が出ている時間に外に出る場合は、可能な限り帽子を被るようにしましょう。もちろん、外に出ないで済むのであれば、出ない方が良いのは言うまでもありません。

育毛剤イクオスを使うのであれば、効果を最大限発揮できる環境を作ろう

せっかく育毛剤イクオスを使っているのであれば、可能な限り育毛剤の効果を発揮できる環境を作りましょう。

頭皮に強い直射日光を浴びないのはその一つです。

薄毛対策としてできることはたくさんありますが、頭皮を紫外線から守るのはとても簡単に実行できます。帽子を被るだけで良いですからね。

面倒臭がらずにしっかりと帽子を被り、育ちつつある髪の毛を守りましょう!

イクオス男性 秋