男性型脱毛症(AGA)によるハゲが進行してきたら、育毛剤を使わないと改善は難しいです。

本人も含めて、家族が全員フサフサというエリートフサでもなければ、男なら誰しもがハゲの心配をすると思います。

その証拠に、薄毛・ハゲ対策に関する情報は、それこそ雨後の筍のように氾濫しています。

当サイトでは、男性型脱毛症(AGA)によるハゲを駆逐(改善)すべく、厳選した育毛情報を提供していきます。

「ハゲ」と言ってもその種類はさまざま

一口にハゲと言っても、その性質や原因はさまざまです。

男性型脱毛症、円形脱毛症、脂漏性脱毛、栄養不足による脱毛、抜毛症による脱毛、抗がん剤治療による脱毛など…。

当然、脱毛の原因によって、その対策も異なってきます。

もし、育毛に関する情報を提供しているウェブサイトや書籍、広告で、こうした原因の違いを考慮せず、一緒くたに「ハゲ」として対策などを紹介しているものがあれば、あまり信頼はできないかもしれません。

当サイトでは、男性型脱毛症(AGA)による脱毛を対象とした対策に関する情報だけを提供しています

その他の原因による脱毛は、男性型脱毛症に関連する範囲でのみ言及するだけですので、AGA以外の脱毛については他のサイトをご覧になってください。

男性型脱毛症(AGA)による進行性脱毛は、日常的な対策では改善することは難しい

男性型脱毛症(以下、AGAとします)は、その名前のとおり、男性ホルモンが原因となって起こる脱毛症です。

AGAを発症してしまうと、前頭部か頭頂部、あるいはその両方の毛髪が、次第に細く短くなっていき、最終的に「ハゲ」と呼ばれる産毛しか生えない状態になってしまいます。

AGAによる薄毛化は進行性です。

最初は少し薄くなってきたかなー、という程度ですが、そのまま放置してしまうと、気が付いたときにははっきりと「ハゲている」と分かるほど薄くなってしまいます。

男性型脱毛症の原因はホルモンの作用

AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロンが原因となって起こります。

従って、食生活を改善したり、睡眠不足を解消したり、適度な運動を行うようにするような、日常生活での対策が、根本的な解決につながる可能性は極めて低いです*。

*日常生活の改善が決して無駄というわけではありません。AGAの治療でも、健康な状態を維持して育毛環境を整えるのは大切です。

AGAによる薄毛化を食い止め、再び髪の毛を取り戻すためには、ジヒドロテストステロンの働きを抑制し、成長が阻害されている毛母細胞(髪の毛の元になる細胞)の細胞分裂を再び活性化させることが大切になります。

そのためには、育毛剤を使うのが現時点では最も確実で合理的な方法です。