進撃のAGA―育毛剤で薄毛を駆逐!

薄毛を駆逐するための育毛剤比較ランキング

AGAの基礎知識

寝不足・睡眠不足だと薄毛が進行するリスクがある?

言う間でもなく、睡眠不足が続くと健康にさまざまな悪影響が及ぼされます。

もちろん、髪の毛や頭皮にとっても同じです。

とは言え、睡眠不足や寝不足が直接ハゲや薄毛を引き起こすわけではなりません。

しかし、要注意なのは男性型脱毛症(AGA)となるリスクの高い人は、寝不足が間接的に薄毛化の進行に影響を及ぼす可能性があることです。

睡眠不足は男性型脱毛症(AGA)の直接の原因ではない

AGAでは男性ホルモンDHTが薄毛化を引き起こす

髪の毛は、髪の毛の元になる毛母細胞が細胞分裂して増殖することによって太く、長く伸びていきます。

そして、この毛母細胞に細胞分裂するように促すシグナルを送っているのが毛乳頭細胞です。髪の毛の成長においては、この毛母細胞と毛乳頭細胞が重要な働きを果たしています。

ところが、悪玉男性ホルモン*とも呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞に作用すると、なぜか毛乳頭細胞は細胞分裂を阻害するシグナルを発し始めます。

*ジヒドロテストステロンが必ず悪い作用だけを持っているわけではありません。特に胎児が男子としての機能を作るためには、DHTがしっかりと働くことが不可欠です。

この状態が続くと、長く太く成長するはずだった髪の毛が、細く短い状態で抜けるようになってしまい、最終的にほとんど生えていない状態、いわゆる「ハゲ」という状態になってしまいます。

睡眠不足は男性ホルモンの分泌を促す

夜遅くまで起きていて睡眠不足の状態になると、副交感神経が優位となり、興奮した状態となります。

この状態では、男性ホルモンのテストステロンがたくさん分泌されます。

テストステロン自体はジヒドロテストステロン(DHT)と異なり、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす働きはきわめて弱いと言われています。

ところが、5αリダクターゼという酵素が働くと、テストステロンはDHTに変換されてしまいます。

男性型脱毛症になりやすい人は、この5αリダクターゼの活性が高い(=よく働く)体質であることが多いと言われています**。

**他に、DHTと結合する男性ホルモン受容体の感受性の強さ(=結びつきやすさ)も関係しています

男性型脱毛症(AGA)になりやすい体質の人は睡眠不足が薄毛化を加速させる可能性あり

男性型脱毛症になりにくい体質の人は、たとえ睡眠不足になってテストステロンがたくさん分泌されたとしても、薄毛になる可能性は低いです。

なぜなら、5αリダクターゼの活性が高くないと、テストステロンが増えたとしてもそれほどDHTが増えるわけではないからです。

その一方で、男性型脱毛症になりやすい体質=5αリダクターゼの活性が高い人が睡眠不足になると、多く分泌されたテストステロンがたくさんのDHTに変換されることになります。

そうなると毛乳頭細胞に作用するDHTが増え、男性型脱毛症による薄毛化が進行してしまう可能性があります。

健康的な睡眠の確保は育毛生活の基本

基本的に、睡眠不足が続くことは健康にとってよくない影響を与えます。もちろん、髪の毛に対してもです。

体質的に男性型脱毛症になりにくい方は、例え極端な睡眠不足が続いたとしても、それで薄毛になったりすることはないでしょう。それでも、健康を損なうと、髪の毛もまた弱ってしまう可能性はあります。

また、特に体質的に男性型脱毛症になりやすい方は、睡眠にはしっかりと注意を払ってください。

1日7~8時間の睡眠が最も健康的と言われていますが、ショートスリーパーやロングスリーパーなど個人差があるようなので、自分がぐっすりと寝れたと感じられるぐらいの時間がちょうどよいですね。

それから、理想的には夜10時、少なくとも12時には寝るのが成長ホルモンの分泌に良いとも言われています。この説は賛否両論があるのですが、この時間帯に寝られる人はそうした方がいいかも。

-AGAの基礎知識