育毛剤イクオス(IQOS)の全額返金保証制度について徹底解説。

育毛剤イクオス(IQOS)には45日間の全額返金保証制度があります。

育毛剤を使うなら、全額返金制度があることは大切です。

使ってみて育毛剤が体質に合わなかったら、もうそれ以上使うことはできませんよね。そうなると、残った育毛剤は無駄になってしまいます。

そんなときに全額返金保証制度があれば、少なくとも育毛剤に支払った代金は回収することができます。返金制度のおかげで金銭的損失を最小限に抑えられるわけですね。

育毛剤イクオスの全額返金保証制度の基本

育毛剤イクオスの全額返金保証制度には複雑な条件はありません。普通に利用していれば、条件はすべて満たせるはずです。

基本的な条件は次のとおり。

①初回購入時のみ対象。また一家族につき一回まで。
②商品到着から45日以内に返金申請を行う
③最初に電話かメールで返金申請を行う
④育毛剤のボトルと納品書を保管しておく

①初回購入時のみ対象。また一家族につき一回まで。

大前提として、育毛剤イクオスの購入が初めてであることが条件となっています。

全額返金保証制度は基本的に育毛剤が合わなかった場合の救済措置として設けられています。

もし体質に合わなかった場合は、普通は二回目は購入しませんよね。そのため、初回購入者のみが全額返金保証制度の対象となっています。

また、一家族につき1回だけ返金制度を利用することができます。この条件に引っかかることは稀だと思いますが、家族の他の人がイクオスを購入していて、すでに返金制度を利用している場合は返金を受けることはできません。

②商品到着から45日以内に返金申請を行う

返金制度を利用する場合は「商品到着から」45日以内に返金申請を行います。

育毛剤イクオスが合うか合わないかは、使っていれば比較的すぐに分かると思うので、45日以内という期間は余裕がありますね。

この45日以内というのは、「商品が到着してから」です。育毛剤によっては「注文が確定してから~日以内」という返金条件がちょっと厳しくなっていることもあるので、イクオスは良心的ですね。

ただし、この45日という期間には少し注意点があります。

育毛剤イクオスを単品で購入する場合は問題ありません。45日以内にしっかりと返金申請すれば、返金を受けることができます。

定期コースで注文した場合は、次の育毛剤ボトルが発送される10日前に申請する必要があります。2本目は全額返金の対象外なので、二本目が届いてしまうとその分損してしまうことになります。

3本まとめ買いで注文した場合、全額返金の対象になるのは1本だけです。他の2本は残念ながら買い上げになってしまい、返金を受けることはできません。

3本まとめ買いは定期コースよりもボトル1本あたりの価格が高い上に、万が一育毛剤が合わなかった場合に1本だけしか返金されないため、基本的にはオススメできません。。。

③最初に電話で返金申請を行う

全額返金保証制度を利用する場合、まずは電話かメールで返金申請を行います。

いきない育毛剤のボトルを送り返しても返金を受けることはできないので注意しましょう(笑)

電話の受付時間は平日のみの朝9時から夕方18時まで。悪質な健康食品のように電話がほとんどつながらないということはないので、安心してください。

土日祝日は対応していないのはちょっと残念ですね。サラリーマンの方は昼休みなどに連絡するしかないですからね。せめて、土曜日は対応してほしいところ。。。これは今後に期待しましょう。

返金の理由は聞かれますが、「育毛剤が肌に合わなかった」など正直に答えればOKです。返金をごねられることはないですし、丁寧な対応をしてくれるので安心して電話を掛けてください。

また、電話をする時間がないと言う方は、イクオスの公式サイトの問い合わせフォームからも返金を申請することができます。

育毛剤や健康食品の返金申請は電話でのみ申し込み、という会社が多いのですが、問い合わせフォームからいつでも申請できるイクオスは非常に良心的と言えますね。

④育毛剤のボトルと納品書を保管しておく

電話か問い合わせフォームで返金を申請したら、次の三点を指定の住所に返送します。

①育毛剤のボトル(使用中または空)
②納品書
③返金代金の振り込み先口座情報を書いた紙

育毛剤のボトル(使用中、空でもOK)と納品書は返金を受けるために必要になります。納品書などはついつい捨ててしまいがちですが、しっかりと保管しておきましょう。

イクオスの全額返金制度の注意点①―実質的に返金されるのは育毛剤代金のみ

全額返金保証制度と聞くと、支払った代金が全て戻ってくる印象がありますが、実際に返金されるのは育毛剤代金だけなので注意が必要です。

返金制度を利用したときには、次の3つの費用が購入者の負担となります。

①育毛剤返金時の送料
②振込手数料
③育毛剤購入時の送料

まず、育毛剤のボトルと納品書を返送する際の送料。これは購入者の負担となります。着払いで返送すると、受取拒否されてしまうので注意しましょう。

育毛剤のボトル自体はそれほど大きくなく、納品書と口座情報を書いた用紙は紙のなので、それほどサイズと重量は大きくならないはず。工夫してなるべく最安値に収まるようにしましょう。

それから、育毛剤代金返金の振り込み手数料も購入者負担となります。これは指定の銀行によって異なりますが、

そしていちばん注意が必要なのが育毛剤を購入したときの送料。

単品購入の場合、630円(沖縄県や島しょ部では1300円)の送料がかかりますが、この送料分は返金されません。

また、定期コースの場合はもともと送料無料となっていますが、定期コースで全額返金制度を利用した場合は、同じく630円(または1300円)が返金代金から引かれます。

まとめると、育毛剤イクオスの全額返金保証制度を利用した場合、①商品返送の送料、②返金の振り込み手数料、③送料の三つが引かれます。

商品返送の送料を500円、振り込み手数料を108円、購入時の送料を630円で計算すると、購入者の負担額は合計1138円。

定期コースでイクオスを購入した場合の価格が6800円なので、実際に返金されるのは5662円。それなりに満足できる返金額ですね。

イクオスの全額返金制度の注意点②―サプリメントやシャンプー・トリートメントのみの購入は対象外

イクオスの全額返金保証制度は、あくまで育毛剤イクオスを対象としたものです。

こういう方は少ないと思いますが、サプリメントやシャンプー・トリートメントだけを単品で購入した場合は、返金制度の対象外となっていますので注意してください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*