育毛剤イクオスの使い方!-適切に使い、しっかりと育毛を行う。

育毛剤イクオスの使い方はとても簡単。誰でも簡単に実践できます。

が、それでも正しい使い方はあります。正しく使わないと、せっかくのイクオスの効果が減ってしまったり、育毛剤が無駄になってしまうリスクがあります。

今回は、育毛剤イクオスの使い方を徹底解説。実際に使っている中で沸き起こった疑問点もしっかりと解決します。

まずは育毛剤イクオスの正しい使い方を理解しよう。

イクオスの公式サイトで解説されている正しい使い方をまとめると、次の5点に集約できます。

①イクオスは1日に2回、朝と夜に使用
②1回につき20プッシュ(2ml)分使う。1日の合計40プッシュ(4ml)
③頭皮の気になる部分に重点的に使う
④イクオスを頭皮にプッシュしたら、1~2分ほど待つ
⑤育毛剤を使った部分をマッサージし、イクオスの成分をしっかりと浸透させる

①イクオスは1日に2回、朝と夜に使用

イクオスを使うのは1日に2回

使う時間帯は特に指定されていませんが、ある程度は間隔を空けた方が良いため、に使うのがいちばん便利でしょう。

ついつい育毛剤を使うのが面倒になって、1日に1回だけとか、2~3日に1回しか使わないようになってしまうこともあるみたいですが、これはとても大きな損失です。

1日に2回、しっかりと使うようにしましょう。

②1回につき20プッシュ(2ml)分使う。1日の合計40プッシュ(4ml)

プッシュとは、育毛剤イクオスのボトルの上部を押し、育毛剤の溶液をノズルから出すことです。

イクオスでは、1回使うごとに20プッシュするのが推奨されています。

20プッシュよりも少ないと、イクオスの効果を十分を発揮することができませんし、逆に20プッシュよりも多いと1カ月分が足らなくなってしまいます。

1回につき、しっかりと20プッシュ分使うようにしましょう。

20プッシュでちょうど2ml使ったことになります。1日2回なので、40プッシュで4ml。イクオスのボトルには120ml溶液が入っているため、ちょうど30日で1本使い切ることになります。

③頭皮の気になる部分に重点的に使う

育毛剤と聞くと髪の毛全体に使う印象があるかもしれませんが、イクオスに関してはこれは間違った使い方です。

イクオスは、髪の毛が気になる部分の頭皮に重点的に使います。

どこの部分かは人によって異なると思いますが、基本的には頭頂部か前髪の生え際、あるいは両方になるでしょう。

ただ、あまり狭い範囲にばかり20プッシュしてしまうと過剰になってしまうので、気になる範囲が狭い場合は、その周辺などに使うといいでしょう。

やっぱり薄毛やハゲは頭頂部か前髪の生え際になるため、そこに使うのが基本ですね。

④イクオスを頭皮にプッシュしたら、1~2分ほど待つ

ここ、非常に重要です。イクオスをプッシュしたら、頭皮にある程度浸透させるため、1~2分ほど待ちましょう

焦ってすぐにマッサージを始めてしまうと、せっかく頭皮に使った育毛剤溶液が、十分に浸透する前に流れ落ちてしまう可能性があります。

時計を持って正確に1分や2分測る必要はありませんが(笑)、最低でも1分は待つようにしましょう。

⑤育毛剤を使った部分をマッサージし、イクオスの成分をしっかりと浸透させる

最後の仕上げはマッサージ

育毛剤を浸透させた部分を中心に、指の腹でしっかりとマッサージしましょう。

このマッサージには、育毛剤のなじませるとともに、頭皮の血行を良くする効果もあります。

頭皮の血行が良くなれば、毛細血管から毛根の細胞に流れ込む栄養分が多くなり、その分髪の毛の成長に良い影響があります。

育毛剤イクオスを効果的に使うコツ

以上が公式サイトに書かれているイクオスの使い方です。いわば、基本ですね。

ここからは、ちょい応用編。よりイクオスを効果的に使うコツを紹介します。

まず大切なのは、どれだけイクオスの溶液を頭皮に浸透させられるか

育毛剤の効果をしっかりと引き出すためには、育毛剤の成分をしっかりと頭皮に浸透させることが重要です。

残念ながら、どんなに素晴らしい育毛剤でも、頭皮に使用した溶液のすべての成分を浸透させることはできません。

育毛剤イクオスは低分子ナノ化という技術によって、その成分の浸透力をアップさせています。これは溶液そのものの浸透力ですね。

しかし、イクオスを使う人の側でも成分を浸透させられるように一工夫すれば、さらに効果を実感することができます。

1日2回のうちどちらかは、洗髪した後に行おう

育毛剤の成分をしっかりと浸透させるためには、頭皮に汚れが少ない方が良いです。

頭皮に皮脂や老廃物などの汚れが多いと、その汚れがバリアーとなって育毛剤の浸透が妨げられてしまいます。そのため、育毛剤を使う前には髪の毛をシャンプーで洗い、頭皮の汚れをしっかりと落としておいた方が、より浸透させられます。

とは言え、イクオスは1日に2回使うので、毎日2回シャンプーをするのは大変ですよね。頻繁にシャンプーをしてしまうと、皮脂が過剰におちてしまうので、逆に頭皮によくありません。

そういうわけで、1日に2回のうちどちらかは、髪の毛を洗った後にイクオスを使うことをお勧めします。

朝シャン派の方なら朝、夜お風呂に入る方は夜と、髪の毛を洗った後にイクオスを使えば、より頭皮に浸透させられます。

なお、注意点としては、濡れた髪の毛をしっかりと乾かしてから使うようにしましょう。水分が残った状態だと、イクオスの溶液が水分と混じって無駄になってしまいます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*