AGAの基礎知識

育毛剤・AGA用語集:テストステロンと男性型脱毛症の関係

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンが原因で薄毛が起こります。

ハゲや薄毛の原因としてはさまざまなものが挙げられていますが、AGAの場合はほぼ男性ホルモンが主原因です。

しかし、一言で男性ホルモンと言っても、男性ホルモンには何種類か存在しています。その中には、AGAの直接の原因となるものもあれば、原因とはならないものもあります。

「AGAは男性ホルモンが原因で起こる」と言っても、必ずしもすべての男性ホルモンが薄毛化を引き起こすわけではありません。

育毛を行うのであれば、この辺はしっかりと理解しておく必要があります。

続きを読む

寝不足・睡眠不足だと薄毛が進行するリスクがある?

言う間でもなく、睡眠不足が続くと健康にさまざまな悪影響が及ぼされます。

もちろん、髪の毛や頭皮にとっても同じです。

とは言え、睡眠不足や寝不足が直接ハゲや薄毛を引き起こすわけではなりません。

しかし、要注意なのは男性型脱毛症(AGA)となるリスクの高い人は、寝不足が間接的に薄毛化の進行に影響を及ぼす可能性があることです。

続きを読む

頭皮がテカテカに光るほど皮脂が出るとハゲる?

男性では30代で分泌される皮脂の量が最も多くなると言われています。

皮脂と言えば何となく薄毛やハゲの原因になるようなイメージがありますよね。

頭皮がテカテカに光るほど皮脂が出ると、かなりヤバいんじゃないかと不安になる方も少なくないはずです。

ですが、実はそんなに心配する必要はありません。

続きを読む

シャンプーで抜け毛が出ても必ずしもハゲているというわけではない。

特に薄毛を気にしている男性だと、「抜け毛」=「ハゲ」という印象があるかもしれません。特にシャンプーで洗髪したときは抜き毛が多く出るため、これをハゲの兆候と考えてしまう方もいます。

ところが、健康な人間であっても、毎日何十本かの髪の毛は抜け落ちています。また、髪の毛が抜けてしまった毛穴からは永久に毛が生えてこないのではなく、また新しい髪の毛が伸びてきます。

今回は抜け毛のメカニズムと、男性型脱毛症(AGA)に特有の抜け毛についてまとめています。

続きを読む

皮脂が多いとハゲるのは本当か?皮脂とテストステロンの関係について

髪の毛が薄くなった頭部が皮脂でテカテカに光っていると、いかにも「ハゲ」という感じがしますよね。

皮脂が多いとハゲるという説はかつて育毛サロンなどで盛んに謳われましたが、今でも割と耳にします。皮脂が多いと本当にハゲるのでしょうか?この説について検証してみました。

続きを読む

男性型脱毛症(AGA)によって薄毛・ハゲになる理由

髪の毛が抜けて頭髪が薄くなる。「ハゲ」と呼ばれる状態は表面的には同じに見えますが、その原因はさまざまです。当然、その対策も異なるため、薄毛や抜け毛が気になる場合は、まず原因を特定する必要があります。

頭頂部や前頭部、あるいはその両方の髪の毛が次第に薄くなっていく場合、男性型脱毛症(AGA)が原因となっている可能性が高いです。一般的に男性がハゲる場合、その多くはAGAによって薄毛化が起きています。

今回はAGAの基本知識をわかりやすく解説します。AGAについて詳しくなることは、効果の低い育毛剤や育毛サロンに手を出すことなく、必要最低限のコストで薄毛対策を行うためには必須となります。

続きを読む