進撃のAGA―育毛剤で薄毛を駆逐!

薄毛を駆逐するための育毛剤比較ランキング

AGAと食事

AGA(男性型脱毛症)による薄毛は食事で対策できるのか?

薄毛や抜け毛対策に効果がある食べ物や食事を調べると、山のようにオススメの食品に関する情報が出てきます。時には同じ食材でも育毛によいとする説と、逆にハゲを悪化させるという説があり、判断が難しい情報もあります。

結論から言ってしまえば、AGAによって目に見えて分かるほど薄毛が進行している場合、食生活の改善だけで治すことは難しいと思います。

それでも、毎日ちゃんとバランスの取れた食事をすれば、髪の毛が健康に育つ条件を整えることはできます。

AGAによって薄毛になるメカニズムについて復習

髪の毛の底部には毛乳頭細胞と呼ばれる細胞があり、この細胞が毛細血管から栄養や酸素を受け取ることで、髪の毛のもととなる毛母細胞に細胞分裂を促します。

ところが、毛乳頭細胞に存在する5αリダクターゼという酵素が、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変えてしまうと、DHTの作用によって毛乳頭細胞は、薄毛化を引き起すシグナルを毛母細胞に送ってしまいます。

この状態が悪化すると、髪の毛が長く太く成長する前に抜け落ちてしまい、最終的には産毛のような短く細い毛しか生えなくなってしまいます。

AGA治療の基本は5αリダクターゼの阻害と毛母細胞の活性化

現在、AGA治療の主力となっているのは医薬品のプロペシアと医薬部外品の育毛剤リアップです。プロペシアは経口薬(飲む薬)で、リアップは直接頭部に塗布する外用薬ですね。

プロペシアの作用は、テストステロンを薄毛化を引き起こすDHTに変えてしまう5αリダクターゼの働きを抑えることにあります。これにより、体内で作られるDHTの量を減少させ、AGAによる薄毛化を抑え込みます。

一方で、リアップの作用は毛母細胞の活性化です。DHTによって細胞分裂が阻害された毛母細胞を再び活性化させることで発毛を促進させる効果があります。

プロペシアとリアップの作用はそれぞれ異なるため、AGAによって薄毛が進行した人では両方の薬を併用する場合もあります。

食生活の改善でAGAは抑えられるか?

最初に書いたように、AGAによって進行している状態では、食生活の改善だけでAGAを治療することは難しいと思います。

AGAによる薄毛化は5αリダクターゼによってつくられたDHTの作用によって起こりますが、天然の食材に含まれる成分に、人工的に合成されたフィナステリドやミノキシジルほどの育毛効果があるものはないからです。

相当進行したAGAだと、プロペシアやリアップを使っても完全な回復は難しいケースが多く、治療に時間もかかります。普通の食生活ではまず改善することはできないでしょう。

とは言え、少し前髪や頭頂部が薄くなってきたというレベルであれば、食生活を見直すことで髪の毛のボリュームが戻ってきたという報告もあるので、食事内容について考え直す価値はあると思います。

また、育毛剤や育毛サロンを利用するにせよ、健康的な食生活を送ることは髪の毛が育ちやすい条件づくりにつながります。

実際、日常的に食べる食物の中には髪の毛の成長に不可欠な栄養分を含むものがたくさんあります。

育毛にオススメの食生活とは

栄養バランスの取れた食事です。

と言ってしまうと身も蓋もありませんが(笑)、結局は栄養バランスの取れた食事をとることがいちばんオススメです。特に髪の毛の主成分であるケラチンの材料となるアミノ酸18種類を含む食材はオススメ。

と言っても特別な食べ物を食べる必要はなく、肉や魚、卵や大豆などのたんぱく源や、特定のアミノ酸やミネラルを豊富に含む海草類をバランスよく、かつ適切な量で食べるだけです。

また、天然成分の中には、フィナステリドのように5αリダクターゼを阻害したり、ミノキシジルのように毛母細胞を活性化させる作用を持つものもあります。

もちろん、天然成分は人工的に合成した成分よりも効果は低いですが、その分副作用の心配も少なくてすみます。体に負担にならない摂取量でこうした天然成分を含む食材を摂れば、よい効果が現れるかもしれません。

具体的には当サイトで紹介していますので、気になった方はチェックしてみてください。

健康によい食生活は髪の毛にもよい

コンビニ弁当やファーストフードが中心の食生活を送ることは健康によくない影響を与える可能性があります。

これは髪の毛についても同じで、睡眠不足や過剰なストレス、飲み過ぎや食べ過ぎと同じように、栄養バランスの偏った食生活は毛髪にダメージを与え、髪の毛の健康な成長を阻害する可能性があります。もちろん、体質によって個人差があるので、絶対とは言えませんが...。

逆に、栄養バランスの取れた食事を始め、健康によい生活は髪の毛にもよい効果を与える可能性が高いです。

AGAではなくても、不摂生な生活を続けていると頭髪が薄くなったり、抜け毛が増えることはありますが、これは食生活を改善すれば十分に改善することができると思います。

また、AGAを発症している場合でも、健康的な食事によって適切な育毛環境を整えるのか、それとも食事には無頓着で髪の毛にさらにダメージを与えてしまうのか、前者の方がいい結果をもたらす可能性が高いことは言う間でもありませんよね。

もちろん、育毛によい食生活を追求するあまりストレスが溜まってしまっては元も子もありませんが、負担にならない程度に食生活を改善する価値はあると思います。

-AGAと食事