男性型脱毛症(AGA)によって薄毛・ハゲになる理由

髪の毛が抜けて頭髪が薄くなる。「ハゲ」と呼ばれる状態は表面的には同じに見えますが、その原因はさまざまです。当然、その対策も異なるため、薄毛や抜け毛が気になる場合は、まず原因を特定する必要があります。

頭頂部や前頭部、あるいはその両方の髪の毛が次第に薄くなっていく場合、男性型脱毛症(AGA)が原因となっている可能性が高いです。一般的に男性がハゲる場合、その多くはAGAによって薄毛化が起きています。

今回はAGAの基本知識をわかりやすく解説します。AGAについて詳しくなることは、効果の低い育毛剤や育毛サロンに手を出すことなく、必要最低限のコストで薄毛対策を行うためには必須となります。

AGAによって薄毛化が進む仕組み

2種類の男性ホルモン:テストステロンとジヒドロテストステロン

男性型脱毛症についてそれほど詳しくない方でも、ハゲの原因が男性ホルモンであるという話は聞いたことがあると思います。

この話は半分正解で半分間違いです。というのも、男性ホルモンには薄毛化を引き起こすものと、引き起こさないものがあるからです。具体的には、前者がテストステロンで、後者がジヒドロテストステロンです。

テストステロンは人間の男では95%が睾丸、5%が副腎から分泌されています。分泌されたテストステロンは血液によって全身に運ばれますが、筋肉の増大や骨格の発達、ひげや体毛などの成長に関与します。

また、血液によって毛乳頭細胞に運ばれたテストステロンには、髪の毛の成長を促進させる効果もあると言われています。

ところが、毛乳頭細胞には5αリダクターゼと呼ばれる酵素が存在し、この酵素がテストステロンをジヒドロテストステロンと言うホルモンに変えてしまいます。

そして、このジヒドロテストステロンが薄毛化を引き起こします。

ハゲの原因は悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン

ここで髪の毛が成長する仕組みについて少し説明します。

一本一本の髪の毛の底には毛乳頭細胞と呼ばれる細胞があります。毛乳頭細胞には毛細血管が通っており、酸素や栄養分が運ばれてきます。もちろん、睾丸や副腎で分泌されたテストステロンもです。

酸素や栄養を受け取った毛乳頭細胞は、今度は毛母細胞と呼ばれる細胞に、細胞分裂を促すシグナルを発します。

シグナルを受け取った毛母細胞は細胞分裂を繰り返し、増殖していきます。こうして細胞分裂した細胞は髪の毛になり、下から上にニョキニョキと伸びてきます。これが髪の毛が伸びる仕組みです。

ところが、毛乳頭細胞の中には先ほど書いた5αリダクターゼと呼ばれる酵素が存在し、この5αリダクターゼの働きによってテストステロンがジヒドロテストステロンに変化します。

ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に結びつくと、毛乳頭細胞は髪の毛の成長を阻害するシグナルを毛母細胞に送ってしまいます。その結果、薄毛化が進行してしまいます。

毛母細胞の細胞分裂が阻害されると薄毛になるのはなぜか

AGAによって薄毛化が起こるのはホルモンの作用が原因

AGAによって髪の毛が薄くなる基本的なメカニズムについては解説しました。

薄毛化や脱毛が起きるのはAGAだけが原因ではありません。不健康な食事や寝不足などの日常生活でも髪の毛が弱ることはありますし、円形脱毛症など他の脱毛症が原因となるケースもあります。

とは言え、一般的に額や頭頂部から薄くなっていく場合は、AGAである可能性が高いです。

そして、AGAによって薄毛・ハゲになるのは、ジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンによって、髪の毛のもととなる毛母細胞の細胞分裂が阻害されてしまうからです。

ストレス、食生活、睡眠不足、頭皮の皮脂、質の悪いシャンプーなど、薄毛・ハゲの原因としていろいろな要素が挙げられています。ですが、これらの要因が原因となってAGAを発症することはまずない点は押さえておいてください。

ストレスや不健康な食生活、睡眠不足は確かに頭髪にダメージを与える可能性がありますが、かと言って、AGAのように進行性の薄毛化を引き起こすことはありません。

また、頭の皮脂が多いとハゲるという説も依然としてよく聞きますが、これについても正確には誤りです。詳しくはこちらの記事を読んでもらいたいと思いますが、皮脂が多いからAGAを発症するということはありません。

薄毛が心配で育毛剤や育毛クリニックを利用する場合、まず何故AGAになるのか、またAGAになるとどうして薄毛化が進行するのかをしっかりと理解しておいてください。そうすれば、高額な料金でさほど効果のない質の低い育毛剤や育毛サロンで失敗することはありません。

※AGAが遺伝するという説について

AGAが遺伝するという説はほぼ正しいことが分かっています。とは言え、AGAを発症するという一つの遺伝子があるわけではなく、テストステロンの分泌量、5αリダクターゼの活性、ジヒドロテストステロンに対する感受性など、さまざまな要因が遺伝子します。

父親や母方の祖父など、家系にAGAの人がいるからと言って、必ず自分もAGAになるとは限りません。AGAと遺伝の関係については別のページで解説していますので気になる方は参考にしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*